アンプリュース blog

京急弘明寺より徒歩15分、六ッ川バス停よりは徒歩5分です。 お問い合わせは 045(715)6579  10:00~20:00(水曜定休)

お店の名前決まりました!

fca225ac.jpg
8d7a590f.jpg
80575f15.jpg
迷って…


悩んで…



考えて…







本当にこれで良いか…


もっと違う名前の方が良いのか…





さんざん悩んだ結果、
や~っと…


お店の名前、決まりました(^o^)




「un plus」

「アンプリュース」

です(^-^)




ロゴデザインはフランスの伝統ウェディングケーキのクロカン・ブッシュがイメージです。

フランスでは古来より、
赤ちゃんはキャベツ畑から産まれると言う話もあり、
シュー(キャベツ)は子孫繁栄や豊作を象徴するものとされています。


プチシューを高く積み上げた「クロカン・ブッシュ」にはそういった意味が込められていて、高く積めば積むほど幸せになれるって信じられています。


だから、婚礼や誕生祝いのケーキとして使われるようになったそうです。



私がフランスで修行していた時に何度も作った思い出深いケーキでもあります。






私の35年間の人生を振り返ると、本当にたくさんの思い出があります。



パティシエになって16年。


まだまだ半人前ではありますが…



いろいろな経験がありました。



辛く大変だった時もありました。

身体を壊して入院したこともありました。


コンテストで負けて悔しい思いもしました。



もちろん、楽しかったり、笑ったり…

幸せだったり…





一つ一つ、少~しずつ積み重ねてきたものがあります。




周りには、家族やスタッフ、友人、先輩などたくさんの方々の支えがあって今の私がいます。






「アンプリュース」は、ルアンが土台になっています。


ロゴデザインのプチシューの下部分には、「LOUHANS」(ルアン)のアルファベットの「LとH」を組み込みました。




「アンプリュース」はフランス語で「加えたもの」を意味します。


「ルアン」に新しいエッセンスを加え、



「手間をかけ、愛情を加えて作ったお菓子でお客様に幸せになっていただきたい」
との思いから名付けました。


幸せな笑顔にはきっと天使が舞い降りてくることでしょう。

クロカン・ブッシュの上の天使の羽はそんな思いも込められています(^-^)





あとは、デザインの細かな修正や、紙袋のデザインなどデザイナーと打ち合わせて格好良い店にしたいと思います(^o^)



これからもたくさんの思い出を重ねて、素敵なお店にしていきたいと思ってます(^-^)

丸山住建さん

be47f15c.jpg
e3fd8f66.jpg
お店のイメージも固まってきたので、昨日は工事を請け負ってくださる丸山住建さんと現場での打ち合わせでした。


内装のタイル屋さんも同行してくれたので、床タイルのイメージも伝えました。



12年前に建てて、2年前には内装をしたばかりで充分綺麗なのに…
「何で工事するの?」って声を聞きます。



確かにそうなんですけど…


今までは親父が作るケーキ達のステージでした。




例えば、この人にはこの服が似合うけど、
あの人にはあまり似合わないってありますョね。




私が作るケーキ達がそれぞれの個性を出せるようなステージを作ってあげたいと考えています(^-^)

オーブン職人

親父が34年間使っているオーブンメーカーの「東日ベイク」さんに営業にきてもらいました。



もともと私、オーブンにそこまでこだわっていませんでした。




そりゃ、お金に余裕があるのなら上等な機械をつかいたいけれど…



オーブンの焼き方は仕込みの技術でカバーできるし、

それよりも「いい材料を使った方が断然美味しいものができる」って考え方でした。





…しかし、





そのオーブンを作っている職人さんと直接話しをすることができました。

ものの焼ける理由や、焼き方とオーブンの構造の話しなど、

私の疑問や質問にも的確に答えてくれました。



レクルールで使用していたオーブンは、大手が作る大量生産型のオーブンでした。



東日ベイクさんは社長がオーブンを作る職人さんでもある本当に小さなメーカーさんなんです。


一つ一つ手作りで丹精込めて、愛情込めて作るオーブンは私の作るケーキにはこれしかないって思った程です。



東日ベイクの社長さんは2代目なんですョ。


ルアンの創業当初に作ったオーブンは、社長のお父さんが作ったものなんです。



斎藤社長
「親父の作るオーブンは良すぎた」と、

苦笑してました。




なんでも、
たくさん売れたのに、ものが良すぎてメンテナンスなどは、ほとんどしていないそうです。

オーブン屋さんは、メンテナンスしないと儲からないんですって(笑)



まぁ、それはお客としてはありがたいですよね(^-^)b




ルアンのオーブンも34年使って、一度も壊れたことがないんですって(*_*)





斎藤社長のオーブン作りへの情熱が伝わりました(^-^)




あとは、これを購入する為の予算をどう組むかですョね(x_x;)

東京滞在の最終日

2e27b12e.jpg昨日はうさぎ組の皆さんが東京滞在の最終日でした(^-^)


神田シェフは昼からテレビ局用のケーキを作るので、一緒には廻れませんでしたが、私が案内させて頂きました(^o^)



ホテルまでお迎えに行き、そのまま実家のルアンに行きました。



皆さん、私がどんな所で商売するのかとても気にしてくれます。



私の話しを聞いてくれたり、いろいろなアドバイスをしてくれたり、本当に親身になってくれます。




食事して続いては緑園都市にある繁盛店「ヴェルデュール」さんに行きました。



誰も面識なかったはずですが…



オーナーの服部シェフ、

草野さんを見るなり…



「九州の方ですよね!名刺持ってきます」



と、すぐに分かりました。





ん~、確かにかなり個性な方なんで、一度見たら忘れないですね(笑)




厨房からバックヤードまで、丁寧に案内して頂きました(^-^)



いやいや、さすが横浜市内で一番の繁盛店!

とても勉強になりました(^-^)



服部シェフ、ありがとうございました(^-^)


また改めて、名刺持ってお邪魔します(^-^)

私もこれから横浜で商売させてもらいますので、ご指導の程、よろしくお願い致します
オーナーシェフ

makoto_yamaura

QRコード
QRコード