アンプリュース blog

京急弘明寺より徒歩15分、六ッ川バス停よりは徒歩5分です。 お問い合わせは 045(715)6579  10:00~20:00(水曜定休)

パティシエのお仕事

7ca24612.jpg
2e5b30d5.jpg
3ffc7432.jpg
f8e06394.jpg
8f41e202.jpg
繊細なケーキを作っているからパティシエの仕事って、繊細さや器用さが求められそうですが、実はあまり関係ないんです。
そう言うのって仕事を覚えていくうちに自然と後から身に付いてくるんです(^-^)

一番大事なのは「お菓子が好き」かどぉかなんです。

ここが一番です!

ケーキが好きだから美味しいケーキが作れるんです。

次に必要なのは体力ですね(^o^)

朝から夜までの立ち仕事って、慣れるまでは大変です。

私も弟子入りしたばかりの頃は、慣れるまで足が痛かったです。

力も必要です。


扱う器具機材は重たいものも多いし、よく使う粉や砂糖って、一袋25~30キロもあるんですよ(>.<)

女性パティシエにはちょっと大変ですが、慣れてくれば、ひょいっと担いでしまうんですよ!


ちなみに、フランスでは粉、砂糖は一袋50キロあるんです!

さすがに男性でもこれを持つのはかな~り重いです(>_<)


パティシエの仕事ってかなり体育会系なんです(^o^)



さて、

今日はアンプリュースのパティシエの皆の朝の仕事とお茶の時間の写真UPしま~す(^o^)

キャラクターケーキ

7192da97.jpg
598e63f7.jpg
231201fd.jpg
3b3101f3.jpg
最近キャラクターケーキ達の写真UPしてなかったですよね(>_<)


まとめてUPさせていただきます(スイマセン;)

ナポレオン

12df9535.jpg
b9a39cda.jpg
365ae761.jpg
253b5813.jpg
ミルフィーユって、美味しいし人気がありますよね(^o^)


だけど、フランス人にミルフィーユが好きだと言うと誤解されますよ!(笑)


…と、言うのも、
フランス語で
「mille‐fille」
ミルフィーユって、「千人の女の子」って意味なんです!(>.<)y-~


正しくは
「mille‐feuille」
ミルフイユ

…もっと発音の良い言い方は
「ミルフォィュ」

です(^-^)


バターを包んだパイ生地を何層にも折り込む事で、サクサクっとした独特の食感を出すことができます。

大体900~1800層位が一般的です。


「千枚の葉っぱ」
を意味するのですが、

重なった落ち葉にこのお菓子が似ていたことから
「千枚の葉」
「mille‐feuille」

と名付けられたそうです。



今から200年以上も前にその原型ができたそうで、最初はカスタードクリームをサンドせずにジャムの様なものをサンドしていたんですって(^.^)


それから少しずつ姿形を変えながら、

作る菓子職人のアレンジが加わり、現代に至っているんですね(^-^)


ちなみに、ミルフィーユの中でもいちごを飾ったお菓子を「ナポレオン」とか「ナポレオン・パイ」と言うことがあります。


ナポレオン皇帝が被っていた帽子に形が似ていた事からこの名が付けられたそうです。



フランス菓子って、ドラマがあり、ストーリーがあり、本当に奥が深いし、魅力がありますよね(^-^)



先人が作ってきた基本のフランス菓子って、いつ食べても飽きないし、本当の美味しさを感じることが出来るんですよ(^-^)



オリジナルなお菓子や新しいものも作りますが「フランス菓子の基本」を軸としたお菓子作りを今後も続けていきたいと思います(^-^)



…あっ!


話しが長くなりすいません(>ε<)

え~と、

新作の「ナポレオン」は1個380円で登場です(^o^)


一番下の層にはフランボワーズのジャムを塗り、甘酸っぱさをアクセントとして加えました。


自家製の折りパイと、カスタードクリームをいちごと一緒にお召し上がりください(^-^)

ベリー

7ea23054.jpg
ddf46c96.jpg
フランボワーズのムースの中に、チョコレートムースを入れました。

甘酸っぱさと、チョコレートの甘さが絶妙です!

フランボワーズホールがアクセントに入ってます(^-^)


「ベリー」350円です。
オーナーシェフ

makoto_yamaura

QRコード
QRコード