アンプリュース blog

京急弘明寺より徒歩15分、六ッ川バス停よりは徒歩5分です。 お問い合わせは 045(715)6579  10:00~20:00(水曜定休)

六本木

35b3a95f.jpg
8763e02e.jpg
45e17b83.jpg
c725d86b.jpg
124e2efc.jpg
今日は、長崎から「サンオノ・フレ」の山口さんが遊びに来ました

佐賀の安部商事の弥永さん、イスパニアの天野社長と田中さんもご同行して下さいました。


まずは、田中さんの運転でルアンに来て、皆さんにお店を見てもらいました。


続いて、センター南の「ケーキハウス・ノリコ」さんにお邪魔しました。

長田シェフに厨房を案内してもらい、ケーキも頂きました。

お店のオープンについて、商売について、熱いお話しが聞けました


とても勉強になりました。ありがとうございます(^-^)




続いては先日も行った「Yuji Ajiki」さんに行きました。


安食シェフに
厨房を案内してもらい、分電盤の細かな話しも聞きました。


菓子屋って、オーブン、ミキサー、冷凍庫、冷蔵庫、ショーケース、クーラー…と、


とてもたくさんの電力を使います。


家庭でも許容アンペアがあって、これを越えるとブレーカーが落ちますよね。



使用アンペアの許容範囲を大きくすれば電力は使えますが、契約の基本料金も大きくなります。


ここの設定次第で毎月数万円の電気の基本料金の違いにかかわってきます。


年間だと、数十万円の違いになるんですよ(+o+)



いろいろと知恵を付けないと、思わぬ出費につながってしまいます。



私のお店のこと、とても気にして頂いて、いろいろとアドバイスを受けました



安食シェフお忙しい中ありがとうございました(^-^)





さて、


それぞれのシェフのお話しが聞けてありがたい限りですが…

今日のもう一つのお楽しみが六本木のスペイン料理のお店です


タカ食品の天野さんと合流して…


スペインのバスク地方の料理のお店「チョコ」さんに行きました。


アミューズはイベリコ豚の生ハムです。

濃厚な豚の旨味とスモークのスパイシーな香りが絶妙な珍味です。

続いて、グラスに入った3種盛り。

冷製の野菜スープが美味しいかったです。


豚のリエット、

フランスパンにクリームチーズとハチミツ、ナッツが乗ったこれが美味しいんですょ


バスク風ブイヤベースも最高でした。



さぁ、メインは…

…純血バスク豚の「キントア豚」のグリルです。


通常の豚肉とは全く違う味です。


全くクセがなく、濃厚で、ふわっと柔らかな食感です。
脂身は、溶けるような感じではなく、柔らかな食感があり味わい深いです。


初めて食べる絶品肉でした(^-^)


フレンチトーストにバニラアイスがトッピングされたデザートもとても美味しかったです(^-^)



スペインワインも最高でした



とても美味しく、大満足でした(^-^)




イスパニアの天野社長、良いお店に連れて来て頂きありがとうございました。


山口シェフ、弥永さん、田中さん、天野さん、本当にありがとうございました

図面

4f4b3951.jpgすご~く真剣に、

よ~く考えて配置していきます。


機械の位置、テーブルの配置によって、仕事の効率が全然変わってしまいます。

より快適で、より作業性が良くなるにはどぉするのがいいのか、時間をかけてじっくり考えていきます。


この図面は4度目の配置図です。



店のどの位置にレジをもってくるのが良いのか…


何度も何度も書き直し図面を作っていきます。



頭も使うし、想像力全開で考えるのは、とても楽しいです(^o^)


自分の城を自分で考えて造り上げていく…



最近の私



そこに何もないはずのものが…



見えるんです。




完全に

「妄想癖」「想像魔」

です(笑)(>ε<)

内海会ジュニアコンクール

60d66dc3.jpg
8b4b0479.jpg
40237f9e.jpg
c476136f.jpg
db90ccc2.jpg
これ4月にあったコンクールなんですけど…

今頃

ですが、
ブログUPしてなかったので紹介します(^-^)


内海会ジュニアコンクールは23才以下のパティシエによるコンクールです。


毎年春に行われており、若いパティシエの登竜門として、全国的にも広く知られています。


私も13年前にアメ細工として、初めて挑戦したコンクールです。


はぁ~、

思い出すなぁ~(>_<)





仕事が終わった後、毎日夜中、明け方まで作品作りに没頭して…

家に帰ったらちょっと仮眠して…

そのまま仕事に行く…

これを1ヶ月くらい続けてました。



作品搬入当日、私、

搬入に使う車(社長のマーク?)を取りに行きました…



…しか~し、

取りに行ったきり、なかなか戻って来ません。



私の帰りがあまりに遅いので、
先輩達が心配して手分けして私を探しに行きました。





…すると、




先輩の1人が



通りの向こうに、社長のマーク?を発見


…ん






急いで近づいて見ると…






運転席にはぐったりとした私…





「おぃ


「おぉ~い





スイマセン

私…


完全に寝ていました…




頭叩かれて怒られました(>_<)





10日間で20時間も寝ないで、やっていたので


いい加減にしろ!

と叱られたのを覚えています(>_<)



搬入の出発まで上で休んでろ


と言われ、


搬入の車の運転もしてもらってしまいました(;^_^A




私、気持ちがある先輩や、職場に恵まれて本当に良かったです(^-^)







話しは飛んでしまいましたが、
レクルールの私のかわいい弟子達も内海会ジュニアコンクールに挑戦したんです。



それこそ毎日、夜中、明け方まで作品作りに没頭して…


日中の仕事の時は、眠さと戦い、

夜、仕事が終わると作品作りをして…



この頑張りに賞をあげたいくらいです(^.^)




クマのアメ細工を作ったのは、今年2度目の挑戦の指方ゆみちゃんです。
一年で、かなり上達しました。

難しい技に時間を多く取られてしまい、思ったような作品に仕上がらず、本人は不満で悔しいがっていましたが、本当に良く頑張りました。



朝顔と金魚の作品は、田坂太郎くんです。

専門学校を出て、去年の春入社しました。

今年は初挑戦ながら、持ち前の器用さと、センスの良さで、いい作品に仕上がりました。


さくらの作品は、太郎くんと同期入社の山崎まいちゃんです。

繊細なさくらと足元には枇杷と菜の花を飾り春をイメージしたまとまりのある作品に仕上がりました。



できた作品は
壊さないように、両手でしっかり持ち、

いざ、東京に向けて出発です。




長崎から始発の電車に乗って、博多から新幹線に乗り換えて、品川まで。


そこからタクシーに乗って、会場の高輪プリンスまで持って行きました。





会場に着くと…


全国でも超ハイレベルなジュニアコンクールとして知られているだけあって、

例年にも増して素晴らしい作品の数々でした。

最優秀賞の作品もUPしましたが、どぉやって作ったんだろと思わせるような素晴らしい出来栄えでした。




レクルールの3人ともそれぞれ頑張りましたが…



周りが良すぎました(^_^;)




賞には届きませんでしたが、3人とも本当に良く頑張りました。


それぞれに金メダルをあげたいです(^o^)



来年はきっと賞を取れることでしょう!(^o^)

お店の名前決まりました!

fca225ac.jpg
8d7a590f.jpg
80575f15.jpg
迷って…


悩んで…



考えて…







本当にこれで良いか…


もっと違う名前の方が良いのか…





さんざん悩んだ結果、
や~っと…


お店の名前、決まりました(^o^)




「un plus」

「アンプリュース」

です(^-^)




ロゴデザインはフランスの伝統ウェディングケーキのクロカン・ブッシュがイメージです。

フランスでは古来より、
赤ちゃんはキャベツ畑から産まれると言う話もあり、
シュー(キャベツ)は子孫繁栄や豊作を象徴するものとされています。


プチシューを高く積み上げた「クロカン・ブッシュ」にはそういった意味が込められていて、高く積めば積むほど幸せになれるって信じられています。


だから、婚礼や誕生祝いのケーキとして使われるようになったそうです。



私がフランスで修行していた時に何度も作った思い出深いケーキでもあります。






私の35年間の人生を振り返ると、本当にたくさんの思い出があります。



パティシエになって16年。


まだまだ半人前ではありますが…



いろいろな経験がありました。



辛く大変だった時もありました。

身体を壊して入院したこともありました。


コンテストで負けて悔しい思いもしました。



もちろん、楽しかったり、笑ったり…

幸せだったり…





一つ一つ、少~しずつ積み重ねてきたものがあります。




周りには、家族やスタッフ、友人、先輩などたくさんの方々の支えがあって今の私がいます。






「アンプリュース」は、ルアンが土台になっています。


ロゴデザインのプチシューの下部分には、「LOUHANS」(ルアン)のアルファベットの「LとH」を組み込みました。




「アンプリュース」はフランス語で「加えたもの」を意味します。


「ルアン」に新しいエッセンスを加え、



「手間をかけ、愛情を加えて作ったお菓子でお客様に幸せになっていただきたい」
との思いから名付けました。


幸せな笑顔にはきっと天使が舞い降りてくることでしょう。

クロカン・ブッシュの上の天使の羽はそんな思いも込められています(^-^)





あとは、デザインの細かな修正や、紙袋のデザインなどデザイナーと打ち合わせて格好良い店にしたいと思います(^o^)



これからもたくさんの思い出を重ねて、素敵なお店にしていきたいと思ってます(^-^)
オーナーシェフ

makoto_yamaura

月別アーカイブ
QRコード
QRコード