fa03d740.jpg
e2b58253.jpg
c4f277d5.jpg
dba019f7.jpg
397cdb49.jpg
今週はよく晴れて、気持ちの良い秋の空ですね(^o^)

もうそろ紅葉の季節でしょうか(^-^)



さて、お菓子を作ったことのある方ならお分かりと思いますが、ケーキ作りというのはとても手間がかかります。
例えば、人気の「山シュー」一つ作るのも大変な作業です。

「まずは、パイ生地を仕込んで一晩休ませて、次の日バターを包んで折り込みをして、次の日シュー生地を仕込んで、薄くのばしたパイ生地でシュー生地を包んで、一晩休ませて焼き上げる」

そして、カスタードクリームも炊きますよ~(^o^)

はぃ、一つのシュークリームができるのに4日かかるんです。


もちろん、既製品の冷凍パイ生地を使えば楽なのですが、美味しいパイになりません。


チンしてできる冷凍食品のものと、愛情込めて作ったものは違いますよね(^.^)



全ての商品を手作りにこだわり、製造と販売のチームワークにより、お客様に喜んでいただきたい…

スタッフが一丸となって頑張っています。


そんなアンプリュースで働いているのは、ルアンの頃からやってくれているベテランのパートさんとアルバイトさんに、9月より新メンバーが加わりました。接客販売リーダーの西谷ゆかさんと、私の愛弟子パティシエ達です。


オープンの時から本当に良く頑張ってくれてます。


こないだパティシエの子達の写真撮ったんでUPしま~す(^o^)


栗の皮剥きをしているのは、スーシェフの高木あゆみさんと、指方ゆみちゃんです。
「スーシェフ」って、フランス語で、シェフの次の人という意味でアンプリュースの二番手です。

責任者として、スタッフをまとめてくれています。


ゆみちゃんは、バースデーケーキと仕込みを担当しています。


続いて、パイ生地や「山シュー」担当の山崎まいこちゃん。


カスタードクリームと「浜っ子ロール」担当の水野ともきくん。


皆で分担して約90種類のお菓子を作っています。



販売リーダーの西谷さんも含め、パティシエも全員、長崎出身なんですよ!



…実は、レクルールの頃からのスタッフなんです(o^-^o)



私と2~4年一緒に働いてきた子達なんです(^o^)


水野くんはレクルールにはいませんでしたが、皆と一緒に横浜まできました(^-^)


気心の知れた仲間と仕事ができるのは、精神的にもとても救われるし、気持ち良くお菓子を作る事ができます(^-^)



もちろん厨房内は長崎弁ですョ(^o^)



…ちなみに、私の父も長崎出身なんで、アンプリュースは長崎人口がとっても多いんです(^.^)


あと私も半分は長崎人なので…

「長崎パワーで頑張るぞ~!」(笑)(^O^)




落ち着いたらスタッフもブログ書きますのでそちらもお楽しみに(^-^)