朝、ウグイスが鳴いているのが聞こえます。新緑の季節となりましたね(^-^)

13年前の4月…

15キロも重量オーバーして成田空港から飛び立ちました。

小型の飛行機でソウルまで行き、乗り換えていざパリへ!


空港には私がフランスでお世話になり、私を自分の息子のように可愛がってくれたアルグランさんと上村社長の次男の希くんが迎えに来てくれてました。

希くんは南フランスの語学学校に通っていましたが、この時はわざわざパリまで来てくれて最初の1週間くらいを一緒に過ごしました。

アルグランさんが夜のパリの町を車で案内してくれました。夜の凱旋門を間近に見て、いよいよ憧れのフランスに来たんだと心弾ませていたのをよく憶えています。


不安はほとんどありませんでした。

私、新しい事をする時って、いつも楽しみの方が大きくて不安感はあまり感じないんですよね(^.^)



しかし、フランスでの生活が始まると…




私、パティスリーコトブキで働いている時は休みの日を利用して、語学学校に週1回、一年間続けました。

観光に行って困らない程度のフランス語は学びましたが、いざ会話となると全く通用しません。



初日、洗面用品を買いにスーパーに買いに行ったんですけど…



当たり前ですが、陳列してある商品は全部フランス語。


歯磨き、歯ブラシはすぐにわかりましたが…


シャンプーとボディーソープがどこにあるのかさっぱり分かりません(>.<)


40分くらい店内をぐるぐる廻ってようやく見つけました!(^o^)






…あれ?(*_*)




良く見るとそのシャンプー売り場のすぐ横にはペット用品があります。





シャンプーの横には猫の顔写真付きの缶詰め。




…ん!?




このシャンプー



良~く見ると
可愛い猫ちゃんのマークがあります(◎o◎)



しかしここのコーナー以外にそれらしき物は売ってないし、



だけどこのシャンプーであってるのかなぁ…



ん~~…




散々悩んだ後、レジ横のワゴンに石鹸が山積みになっているのを発見!



とりあえずこの日は無事に終えました。




ところで皆さん、フランスって硬水なので石鹸が泡立たないんですょ(^.^)


最初の頃は、フランスの石鹸は質が悪いのかと思っていましたが、日本の石鹸を使っても駄目でした。

何だか物足りない感じでしたが、半年もすれば慣れるもんですね(^-^)



さてさて、話しが長くなりそうなので今日はこの辺で…



フランスの紹介またしますね(^o^)