DSC_0699
DSC_0704
DSC_0703
DSC_0711
DSC_0712
DSC_0714

ここ2週間、国産小麦粉で試作を繰り返しております。

通常はカナダなどの海外の小麦を国内のメーカーが製粉致します。

国内メーカーと言っても、何社もあり、製粉方法も様々です。
アンプリュースでは、強力粉、中力粉、薄力粉を使っています。全部で6種類の小麦粉を使い分けています。

使っている小麦粉は全て海外産なので、以前より国産小麦に興味がありました。


海外小麦は、作業性が良くあっさりとした味で、国産小麦は扱いが難しいですが小麦本来の味がします。


扱いが難しい為に、生地の状態を安定させるためにいろいろと試行錯誤をしました。

やっと、国産小麦に慣れて、生地の仕込みが安定してまいりました。


結果わかったことがあります。
パン生地の様なものは、そこまで扱いは難しくなく小麦本来の味を生かせました。

ショートケーキのスポンジ生地では、小麦粉の味が主張しすぎて、若干粉っぽさを感じます。

焼き菓子では、小麦の味が他の素材を引き立て一層風味豊かになります。

しかし、今使っている小麦粉の方が食感が良いものがあったりします。


国産小麦粉はまだ試し始めたばかりですが、アンプリュースの商品は全て、見た目が変わらなくともずっと改良改善を繰り返しております。

これからも地域の皆様が喜んで頂けるお店をめざして頑張っていきます!